FC2ブログ

でっかい変態さん

エロゲ中心のサイトです。気になったニュースなども載せていたりします。

商業・同人ダウンロード販売 あわせて読みたいブログパーツ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

G線上の魔王 感想

 

G線上の魔王 初回超重量特典版

G線上の魔王 

メーカー

発売日

あかべぇそふとつぅ2008年5月29日




-命をかけた、純愛-


シナリオCG音楽システム主人公エロ萌え総合
    85








・シナリオ(8/10)

正直言って途中まではなんでこんなに高評価なんだろうと思っていました。
「もう一歩…」ずっとそう感じながらプレイしていました。
が、さすがにそれで終わる作品ではありません。
途中でやめてしまうのは非常にもったいないです。
最後までプレイして欲しいところ。

「魔王の正体のネタバレをしたらひどくつまらなくなるかもしれない」
と思う方もいらっしゃると思いますが、そんなものは些細な問題かと。
仮に知っていたとしても十分に楽しめます。
このゲームの真の魅力はそこではないと言ってもいいかもしれないです。
(当然知らない方が楽しめますが…)


このゲームおいて面白い部分は大きく分けて2つ。
魔王との頭脳戦と、ヒューマンドラマでしょう。
もちろん日常パートも面白いです。
金田まひるさんが相変わらずぶっ飛んでいて笑わずにはいられなかったです。
俺だって穴があったら入れたいぜっ!


頭脳戦では、伏線をちりばめていてプレイヤーに色々と想像させてくれます。
しかしながら、それが裏目に出た所も多々あります。
コンプした後でもイマイチ納得できない箇所や解決出来ていない問題、 テンポが悪い所が時々…
ここぞという所で、たたみかけるような勢いがもっと欲しかったです。
しかし、 アタッシュケースの謎の所など面白かった部分もありますのでそこは面白かったですね。


ただ、
本作は頭脳戦に全ての力を入れた作品ではありませんでした。
ヒューマンドラマこそ今作最大の魅力。
頭脳戦はあくまでも途中過程の楽しみ程度に思った方が良いかもしれません。
頭脳戦にプレイヤーの意識を集中させ、油断させる為の布石とでも言いましょうか…
命をかけた、純愛
この言葉の意味を全て終了した後に理解できるでしょう。
最後が本当に良すぎるよ…




・CG (8/10)

原画はいつもの有葉さん。
個人の好みにもよると思いますが、 崩れたりすることなく全て丁寧に描かれていたので好印象。
ピーチクも綺麗だし、私はとても好きな絵です。
129枚と十分な量のCG数。
立ち絵にしてもウケ狙いの変顔とかもあったりしてプレイ中飽きませんでした。




・音楽(9/10)

今作はものすご~く音楽に力が入っていました。
こんなに曲数が多い作品はなかなかないかと…
原曲が素晴らしいものというものありますが、 それを上手く使いこなせていました。
サウンドモードで聴ける音楽は67曲。 「対決」や「交錯」が熱くて良かったかなぁ。
なんといっても「G線上のアリア」はイイですね。
元々有名なので何度も聞いたことはありますが、 ゲームで流れるとまた嬉しさが…
タイトル画面のBGMがヒロインを攻略する毎に、 チョットずつ変わっていく演出が最高でした。




・システム(7/10)

特に確認したわけではないんですが動作も軽かった気がしますし、
必要な設定はほぼ完備していたので不満は無かったです。
章立てているゲームなのでシーンスキップが無くても苦労はありませんでした、
けど、出来れば全てのゲームシーンスキップがあると嬉しいなぁとも感じています。

・ボイスカットオフ機能有り
・ウィンドウ透明度調整有り
・右クリック・Spaceキーの設定変更有り
・セーブ108、クイックセーブ有り
・スキップ早め
・シーンスキップなし




・主人公(7/10)

頭の出来が良く、それなりに出来る主人公でした。
ラストはかなり格好良かったですし。
ただ、周りにいる人達が凄すぎたのか印象薄いんですよね。
といっても何にも出来ないダメ主人公タイプではないのでイライラしたりってことはない…はず。
ヤクザ親分ルートとかあったら面白かったかもしれないですね。




・エロ(6/10)

各キャラ2回ないし3回のHシーンがありますが、
あくまでもシナリオ重視のゲームなので特に期待しないくらいでいいでしょう。
普通のエロゲにあるHシーンといった感じで、可もなく不可もないレベルだと思います。




・萌え(5/10)

宇佐美ハルに萌え萌え。恋愛に不器用な所がたまりません
宇佐美ハルに始まって、宇佐美ハルに終わったといってもいいんじゃないでしょうか。
格好いいキャラである分、恋愛部分でのギャップが凄まじく胸キュンします。
萌えゲーというわけではないので、そこまで点数が高くありません。




・プレイ時間

ちまちまプレイしてたんで、どのくらいかかるのか想像つかないです。
ごめんなさいm(_ _)m

ただ、それなりに時間はかかりますので、
社会人の方は休日を使ってがっつりやるのがいいかもしれません。
さすがにアホみたいに時間かかるってわけじゃないので安心して下さい。




・全体として(総合85/100)

一本道のゲームとして見るならかなり面白いゲームです。
欲をいえばもう少し某キャラ以外の個別ルートを充実させて欲しい所ではありました。

それにしても福山潤さんが出ている辺りがグッときますね~
やはりあの人は裏のあるキャラが似合います( ̄ー ̄)bグッ!
ルルーシュにしか聞こえないとか、そんな事をいっちゃいけねぇ…

総合点に関してはやや甘めの点数の付け方かもしれませんが、
私は一つでも突出したルートがあるなら高く評価するタイプの人間なので若干高めです。
それでも個別ルートの弱さ、
コンプした後でも色々と納得出来ない箇所があるなどの理由で下げています。

車輪の国と比較して低い評価を付けている方を見かける事がありますが、
私としては切り離して一つのゲームとして評価して欲しいです。
もちろん、比較する事が悪いと言っている訳ではありません。
前作との比較は面白さを測る尺度としては重要なものです。
それでも、そのゲームにはそのゲームの良さというものがありますから、
そこの魅力を存分に味わって欲しいです。


とにかく最後までプレイすればきっと満足できる出来のゲームのはず!


これからプレイする人は出来る限り事前情報無しでプレイして下さいm(_ _)m
ネット中でネタバレしまくってますからね~



c460245chara5.jpg

ユキのファンディスク、マダァ?(・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン 

 

| エロゲ(シナリオ重視) | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

http://erogamerblog.blog50.fc2.com/tb.php/58-0cf0daf8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。